« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

幌内神社で

長沼の「マオイ道の駅」に
農産物販売所がある
タマネギ&なた割カボチャとヤーコンを仕入れ
帰る途中
幌内神社を見て来た
ここに、柱状節理の石柱が
奉納されているらしい

千歳市史編纂の「志古津」最新号に掲載あり

これは、昨年秋に訪れた
キウス周堤墓からの
出土品の
墓標に使用されたと推定される
石柱と同じもの

キウスも幌内も
長沼丘陵の一角である

その昔
古代は海だった
その後二つの島は
ぶつかり北海道が出来た
石狩低地帯と呼ばれる
その地域には

マオイトー(沼)
長都トー(沼)
二つの沼と湿原
シコツから流れる
千歳川

豊かな自然の恵みがあり
縄文時代から人々は
沼の淵に住み着いた

その名残が
キウスだ

幌内も
キウスの石柱(立石)は
支笏湖周辺
恵庭岳下流域
恵庭渓谷から切り出されたようだ

漁川から
筏に乗せてか
冬に凍った川や沼を曳いてきたのか

古代人に聞いてみたいものだ

Img_2773

幌内神社境内

Img_2775

Img_2776

石柱が並んで
奉納されてある

この周辺の畑で出土された物らしい
その昔
縄文後期後葉期(3,300年前)
ここに住んでいた
古代人達の
墓標だったのか?

ここで
また別なものを見つけた

Img_2780

献納された
粉犬に

友人の名前が見える
もしや

Img_2777

未開地に
開拓に入った
先祖かも

確かに
その若き友人の
先祖だった

たまたま
興味を持って
立ち寄った処で

不思議なご縁を感じる
日であった










| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋ですね

Img_2693

Img_2694

Img_2709

Img_2713

Img_2736


Img_2746






| | コメント (2) | トラックバック (0)

東川にて

もう、随分と時が過ぎた
8月中旬
東川で行われた
遺骨発掘に行って来た

東川、旭川、東神楽、美瑛にまたがる
忠別川
この川の上流域から
下流にかけて

江卸ダム、発電所、忠別川遊水地
田圃に水を引くため
大雪の水は冷たすぎる

そこに遊水地が造られた

駆り出されたのは
朝鮮人と中国人

中国人の犠牲者の慰霊碑はある

Img_2436

しかし
朝鮮人は無視されてきた

長年に渡って調べてきた
江卸発電所 忠別川遊水池 朝鮮人強制連行・動員の歴史を掘る会
に証言者が語った
タコ部屋労働者の犠牲者が
埋葬された地が
確認できた

Img_2401

証言者は
ダムに沈んだ
忠別集落の出身者である

Img_2402

奥に見える
白い建物の下に
12Kに渡って隧道が掘られた
この工事の犠牲者が
埋葬された人だ

この旧忠別集落の共同墓地があり
そこに、部落の皆から断られたのに
勝手に、墓地に通じる道に
しの山組のもの達が埋めていった
それも、冬だったので
座棺の上を出したまま

その現場は
20年ほど前に
木材の切り出しのための林道が造成され
そこに、そのまま埋められてしまった

その個所の特定が出来たことで
発掘を実行した

Img_2432

2008年遺骨を受け入れ
奉還に尽力された
明盡和尚が、韓国からいらっしゃった
現場で
追悼のお経を読む声が
木霊した

Img_2469

アイヌのイチャルパも執り行われ
参加してきた

130人の老若男女
北海道の大学生も加わり
交流は
夜遅くまで続いた

Img_2452

Img_2459

日韓、在日コリアン
若者は、2時間チームに分かれて
違憲を述べ合い
発表した

大事な交流会だ

Img_2468

残念ながら
遺骨は見つからなかったが
証言者の言われた場所の
50㎝ほど離れた処にて
座棺の底の部分が出てきた

左の2個の白いのは
お猪口か、小さな急須

墓地に水を捧げたもののようだ

色が黒ずんでいるのが
よく分かる

Img_2480

東神楽にある
聞名寺にて

追悼法要が行われた

先日見つかった
沼田のお寺に安置されていた遺骨とともに
このお寺に残されている
朝鮮人と思われる2体の遺骨とともに

Img_2471

牧師が祈りをささげ
僧侶が五経し
明盡和尚も
お経を唱え
お話をされた

Img_2486

朝鮮式法要儀礼(チェサ)も

本堂は
大勢の人で埋め尽くされた

発掘場所の遺骨は
粘土質の酸性の土壌のため
融けてしまった
というのが
発掘に関わった
研究者の見解であったが

闇に葬られて
未だに
故郷の土に帰れない
遺骨は
どの位あるんだろう

この証言者や
役場に嫌がらせの電話が来ているという

歴史歪曲者が
事実が明らかになれば
自らの主張が
嘘だと
判断される為

脅かしや
居やがらせを続けているんだろう

名前も
明らかになったが
旭川の医者だそうだ

人の命を預かる医者が
人権を無視していいのだろうか?


犠牲者に
黙祷














| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋深まりゆく

Img_2562_2


朝夕
めっきり寒くなってきた
Img_2565

赤とんぼが
羽を休める暇もなく
飛び回る

Img_2566

これはオニヤンマかな?

Img_2563

ハンノキ葉虫が
食い荒らす
葉はボロボロだ

Img_2571

朴の木の実も大きくなっていた

Img_2574

青葉公園の競技場には
エゾ鹿が7匹
逃げもせず

増えすぎた
エゾ鹿が
目立つ

対策は
どうする









| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »