« 届いた訃報のメール | トップページ | チェルノブイリ・ハート上映会 »

美笛峠スノーシュー

自然体験クラブ「トゥレップ」の
今年第2回目の行事
支笏湖を越え
大滝に向かう途中
美笛峠がそびえる
旧鉱山地帯から
峠に差し掛かる
頂上に
美笛トンネルがある
トンネルを抜けて
すぐ脇の路肩に
車を停める
参加者14名
スタッフ4名
初めてスノーシューを履く人もいる
先日会員になられた方も
若者は中学生
親子で参加
小学生時代から
親子で会員
昆虫や野鳥にも詳しいのだ
Img_0719_2 
我輩も
美笛峠は初めて
駅で、札幌在住の会員ご夫婦を
車に乗せて
支笏湖国民休暇村に集合
ここで受付
自己紹介&準備体操
もう一人
ここから先日会員になられた方を同乗させ
4台の車で
峠まで
Img_0723
旧道に沿って歩く
雪はかなり深く
スノーシューでも
20~30センチ埋まる
天気は快晴
良い日だった
帰りに
少し小降りの雪と風が舞散る
10時半頃から
14時まで
皆元気で
駐車帯まで下る
Img_0721
下りで
スノーモービルの集団と出会う
20代ほどが斜面を走り回る
途中埋まる者
坂を登る途中で投げ出されるもの
様々な
様子をしばし眺める
若者は元気が良い
埋まった若者に声をかけると
仲間が来てくれるので
手伝わなくても良いですよとの
返事
直ぐ仲間が駆けつけ
体制を整えた
怪我をしないよう
伝え
山を後にした
Img_0727
支笏湖の国民休暇村で
温泉に浸かるが
帰宅して
洗面道具を忘れてきたことに気がつく
駅まで
札幌の会員を乗せてきて
疲れたので
忘れ物は諦めることとする

|

« 届いた訃報のメール | トップページ | チェルノブイリ・ハート上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428530/43999590

この記事へのトラックバック一覧です: 美笛峠スノーシュー:

« 届いた訃報のメール | トップページ | チェルノブイリ・ハート上映会 »