« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

未だ帰えらざる人々

あの日
3月11日
巨大地震
それに伴う津波
家の下敷き
瓦礫の中に埋もれ
海に流された人々
行方不明者は
未だに1万人に上るという

遠く離れた
この街に
春の花が訪れてきたというのに

Img_3446

カタクリは下を向き
項垂れているように

Img_3445

アズマイチゲは上を向いて
羽ばたくように

Img_3448

隣合わせで
エゾエンゴサクも

Img_3486_2 

キタコブシも花を咲かせました
この花たちは
いつまで咲き続けることが出来るのでしょうか

福島原発の
放射性物質が
この空から
降り注いできたら

この綺麗な花たちも
汚染されたら
被曝花となるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野の花が届ける追悼花

3月11日
この国を襲った
地震と津波、そして相次ぐ余震
大勢の人の命が奪われた
街も村もが、一瞬にして消えた
兄弟を失った人
親を失った人
子供や老人まで
役場も消えた

その時
坐禅草(僧)を探しに
長都川に出向いた
カメラを担いで
日記としては
遅すぎるが
追悼を坐禅草に託した

Img_3392 

坐禅草とは
良く言ったものだ
阿弥陀様が
その中に入って
座線を組んでいるようだ

追悼の花は

Img_3400

この花だ
福寿草
悲しみにくれた
被災者に
この言葉を贈りたい

亡くなられた方々に
追悼花としたい

あなたたちの生まれ代わりとして
大地から
花を咲かせましたよ・・・

南無阿弥陀仏
手を合わせて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »